報告!! 〜光と陰〜


肝臓転移なかったーー!!
肝臓転移なかったーー!!
肝臓転移なかったーー!!

今日は午前中からバタバタ。
ほんまに末期ガン患者?と疑うくらい俊敏に動いてました。

今日は肝臓転移有無の検査結果を聞くのと、セカンドオピニオンについて、先生と話し合う日。

決めていたことは、
・セカンドオピニオンは、先日のブログに書いた、近大の先生にお願いしたい
・色んな方が、協力してくれて、当初言っていた最短日の12/13よりは早く会えるかも。と期待
・とにかく治療は早く進めたいので、今の病院ではじめたい

その思いを正直に先生に伝えて、相談する予定でした。

そんな中、就寝時間前のメール確認。
すると、高校の友人からのメール。ブログを始めてよかったと思いました。

詳しくは言いませんが、友人のメールによって、セカンドオピニオンに対する完全な誤解や、認識の甘さに気付かされ、慌てて電話でやりとり。

結果、29日(やりとり時から2日後)に先生に会えるかもしれない手段のアドバイスをもらえた!本当に感謝。
やっぱり持つべきものはトモ♡w

そのために、今日は朝から走り回る。
もちろん、ウォーキングは行きましたよ。
あ、その話先にしよー

今日は、長女・次女ともに起きてきたラブラブ
今日は体調も悪くなかったし、一緒に歩きたかった気分。

もしかして、俺のことわかってくれてる?w

見て見て!過去イチの綺麗さ。
雲ひとつない快晴。
この朝日、が今日の一日を予感していたのかな☆と。

 

話を戻しますー

29日に近大先生に会うために、朝一から、車をすっ飛ばす。
11時から担当の先生に会うため、本当にバタバタ。

結果、会えることになった笑い泣き
本当に全ての方に感謝。ありがとうございます!

ただ、ズッコケますが、結局この先生とは会わないことになりましたあせる(後述)

でも、会えるのに、会わないという選択肢を持てたことには、本当に意味があると思っていますし、すごくスッキリしてます。

11時になんとか間に合い、先生の話がはじまる。
やはりセカンドオピニオンについての話。

まずは、先生の見解を聞くことに。まだ会って2回目だけど、実に好感が持てる先生。話もわかりやすい。

けど、早く肝臓の話プリーズ!!
先生!先にそれプリーズ!!

思わず、
「先生、とりあえず肝臓がどうか聞きたいです」

「あ、先走りすぎたねあせるごめんね!」

そして、PCを操作し、画面を見せてくれる。沈黙で操作。

あ、あかんねや…

肝臓は転移していませんでした

後ろで、「よかったー汗」と嫁。

ジュピターが流れた瞬間!!!!
あ、陸王で言うとね。

本当にホッとしました。

近大先生にも会えるし、肝臓転移もない。あの光の予感はまさしく的中!

その後、セカンドオピニオン、
今後の治療について、話し合いました。

その結果、違う病院に行くことが濃厚になりました。
その先生の話だけでなく、たくさんの人のアドバイスも参考に、僕の中で全てのピースがあてハマったように感じました。

あれほどまでに、精神的に依存した近大先生と会うことすらやめた理由は長くなるので、省略しようと思いますが、一つの要素としては、やはり色眼鏡をかけすぎたかな。と。自分自身で。

もちろん批判された訳でもないですし、先生もたまたま昨日に近大先生に会ってたとかw結論、大きく考えや、治療方法が変わるように感じなかったので、セカンドオピニオンとして不必要なのかと。
インターネット含め、メディアの怖さも少し感じました。とにかく、
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

そんなこんなで、今後の治療方針が確定はしなかったものの、方向性は定まり、もちろん、最速で治療に入るためにこれから動いて行きます。

嫁の言葉を借りると、
「はじめて(がん告知以降)いい方向に向かえた日」かな。と。

少し光が見えました
今日はもう少し続きます。

雑談挟んでいいですか?

これを幼馴染みが、持ってきてくれました。

骨折くん
面白くない真面目なモノありがとう。

トラックくん
怪しい水ありがとう。

突撃やめやえー

早くこの2人と飲みに行きたいです。幼馴染みやもんな。待っとけよ。また刺されんなよ。お前らやっぱおもろいわ。ありがとう。

はい、雑談終わりw

 

今日は、ブログでいい報告ができる!
タイトルは「報告!光が見えた」で決まりやなーと思いながら、病院も後にし、嫁も久々楽しそうで、家の前で1時間も待ってたトラックくんと昼食に行き、嫁とお茶して、役所に用もあり、2人で行き、気分良く帰ってきたのですが、

光あれば影もありですか。

さっきまた泣いちゃいました。
子供にバレないように、嫁の目の前で。

何か負の出来事があった訳じゃないんです。簡単に言うと、現実に帰ってきたと言うか。

なんか、久しぶりに光を浴びすぎて、
現実の“5年 生存率7%” の影の部分の暗闇感にやられた と言うか。

まるで、治ったかのように嫁とはしゃいでたんです。さっきは。

でも治ってないんです。
治ると言うのは難しい、そこまで進んでしまった胃癌なんです。

反動がすごい。

それもわかってたし、はしゃいでた時に嫁にも言うてたんです。どうせすぐ落ち込む要素が出てくるからって。

わかってたのに、やっぱ反動にやられたw
瞬殺やんw

でも、これでいいんやと思う。今の自分の位置がわからんまま進んだら迷子になる。

ちゃんとこの波を受け入れて、これからも頑張っていこうと思います。
絶対に諦めません。

 

写真の使い回しがひどいんじゃー

ま、ええか。

The following two tabs change content below.
◆癌サバイバー/新人ブロガー◆ 32歳でスキルス胃癌ステージ4・余命半年を宣告され絶望。 そこから奇跡の復活を成し遂げている最中です。3児のパパ。 闘病記だけでなく、お金のことや、仕事のことなど色々書いていきます! もっと詳しい自己紹介は名前をクリックしてね⇪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です