12コース目やでー!


末期がん告知されて 262日


12コース目はじまりました。

オキサリプラチンをやめてからは、
副作用での体調不良も劇的に減り、
元気に過ごしておりますが、

やはりその中でも、
休薬期間の1週間はすごく楽ですにこ

がゆえに、
その休薬期間の1週間は、過ぎるのも早く、一瞬ニヤニヤ

それが終わると、通院。
また抗がん剤。

やはり、テンションは下がる1日です。
ただ、慣れてくるもんですねニコニコ

12回も繰り返していれば、
それが習慣になり、
気持ちもコントロールできるようにはなってきたように思えます。

今の主治医と話しても、
テンションは上がらないことは承知なので、
超高速診察w
きっと誰よりも早いウシシ

余計なことは喋らず、3分で終わりw
毎回、待ち時間1時間以上やのにねねー

そんな感じで、
受け止めるべきところは受け止めて、
自分なりに対処できるようになってきたように思えます照れ

ガンとの共存やねニヤリ

人のブログですが、
同じスキルス胃がんで、
先月亡くなられた女性のご主人が、当時を振り返って、綴られています。

お子様もまだまだ小さく、
お辛い中、更新して下さっています。

亡くなる前から、
読ませていただいていました。

1ヶ月足らずです

1ヶ月前には元気な様子を拝見していましたが、
脳の髄膜に転移されて…
そこからわずか1ヶ月足らずです。

本当に残念で、お悔やみ申し上げます。

正直、その事実を知ったとき、
衝撃を受けたとともに、
大きな恐怖を感じました。

死の恐怖。

先日亡くなられた、津川雅彦氏。

生前のインタビューで、
「死は自分の意思ではどうにもならない。今はもう、死は怖くはありません。」

まだ、自分は、その領域…
そこまでの悟りは開けていない…

ドラマ、義母と娘のブルース。

スキルス胃がんで闘病中の役柄の竹野内豊の言葉。

「死ぬことは怖いとは思っていなかった」

「今は、死ぬことが怖い。死にたくない。」

すごくわかる。

僕も余命宣告後、
葛藤し続けた結果、
死を覚悟、死ぬことを受け止めようとし、
死ぬことが怖くないと思えた時があったように感じている。

しかし、
それはまぼろしだった。

津川雅彦氏のような、本当の思いで、
そう思えていたわけじゃなかったと思う。

半分、諦めのような、
逃げのような感覚で、死を受け止めようとしていただけなんだと思う。

今は死ぬことが怖い。

怖過ぎる。

死にたくない。

今週はじめ、ツレたちと、
恒例のゴルフに行った。
久々会うメンツもいて、天候もいい感じで、
久々、ゴルフ後、深酒もしてしまって。本当に楽しかった。

死にたくない。

盆休み、また家族旅行。
来月はまた韓国旅行。
ハワイも本当に楽しみ。

まだ死にたくない。

夏休みで毎日家にいる子供達。
とにかく可愛過ぎる。
愛くるしい。

まだまだ、死にたくない。

うん、なんか若干、
湿っぽくなったけど、
そんなつもりじゃないイヒ

とにかく、
死ぬことが怖い!!!!

でもまだそれでいいよな?!

津川氏のように、
奥さんがあの世に行ってしまってるわけでもないし、
まだそんなに年もいってない。

まだ、そんな悟り開く必要ないよな。

生きる

生きる

生きれる希望を感じれてるから、
死ぬことが怖いだけなんやって。きっと。

うん、いいことなんやと思うてへぺろ

生きる希望を持ち続けようと思います。

そうそう、
まだ先ですし、
改めてSNSで告知しますが、11/9・10と、2夜限定で店で、
復活祭?復活パーティー?しようと計画中なんです。

がん告知からちょうど1年やし、
商売始めたのも7年前のその月やし顔

ま、まだ復活してないけどねwゲッソリ

ま、あの頃の僕の復活、ご期待下さいw
ぜひお付き合い下さい口笛
その日は、飲むよ〜ニヤリ

そんな感じで、
楽しく、気楽に、
ワイワイ、ガヤガヤ、生きていきます。よっ照れ

さ、この12コースも乗り切りますねー

The following two tabs change content below.
◆癌サバイバー/新人ブロガー◆ 32歳でスキルス胃癌ステージ4・余命半年を宣告され絶望。 そこから奇跡の復活を成し遂げている最中です。3児のパパ。 闘病記だけでなく、お金のことや、仕事のことなど色々書いていきます! もっと詳しい自己紹介は名前をクリックしてね⇪