子供のおかげ


末期がん告知されて 294日


急に思い立って、
資格試験勉強をして気付いたこと。
得ることができた心得。
一応、前回 先の目標 の続きですニコニコ

心得その二
子供が大人を作る

僕、時々思うんです。
家族がいなかったら、
嫁も子供もいない状況で、ガンになっていたら…
どうなっていたのか。

独身で、一人きりで、
もし、末期ガン宣告、
余命宣告されていたらどうなっていたのか…

もちろん憶測でしかないが、
タバコも酒もやめてない
生活も見直してない
ハチャメチャに生き続けて
開き直って無茶してる・・・

気がする。

まぁある意味、無敵な生き方nico☆

昔の記憶で曖昧だが、
海外ドラマ プリズンブレイクでこんなセリフがあったような…

「守るべきものがある人間の方が弱いんだ」

たしかに失うものがない人間は強いと思う。

ただ、
その強さではガンを治せはしない!!

そう、
家族がいなかったら、
もう死んでる。
そう、
俺はもう死んでいる・・・あべし!!ゲッソリゲッソリゲッソリ

これが妄想での結論shokoponwww

今回、試験勉強をしていて思ったことがある。

基本的に楽しく勉強はしていたが、
もちろん、取り組む前に、めんどくさいなーと思うことはしばしばえへへ…

でも、子供達の顔を見ると、
「いや、ここでさぼってはいけない」と、奮い立たせると言うか、
自分を偽ると言うか、

「お前らテレビばっかり見てんと、俺みたいに勉強せいビックリマーク

と、捨て台詞をはいて、自分の部屋に行く鉛筆

かっこいい背中、
親らしい姿を子供たちに見せる…

いや、見せれてると自己満足の世界にやり

実際の状況、心境をまとめると、

子供にも、試験勉強をしてることを
明かしている手前、
子供たちがリビングでテレビ見てくれてたから、
リビングにいれない状況に立たされ、
テレビではなく机の前に向かう僕。。。

そう、子供のおかげウインク

いや、そもそも、こんな体でも将来のことを考え、
資格を取ろうと火をつけてくれたこと自体、
子供の存在が大きい星

そう、
子供がいてくれるから、
僕は大人であり続けれる。

僕は思う。
基本、みんな子供なんだと。

内心、本当の自分なんて、
子供の頃となんら変わってない。

ただただ体が大きくなり、
年を重ね、法律で大人と決められ、
自分は大人だと思い込む

とんだ勘違いだと思う。

みんな子供なんですよ。

学生の頃からのツレと集まったら、
たしかに今では、飲むものもジュースから酒にかわり、
行く場所も、持っているお金も、やることも、大きく変わった。

けど、ノリはあの頃と一緒
アホなことして笑って…
心は子供の頃と変わらない汗

もちろん、
色んなことを経験して、失敗も繰り返し、
そこから学び、子供の頃とは違う考え・感覚を持ててることは多くあるだろう。

でも、そんな感覚なんて、
服みたいなもので、
脱いだら、結局、ありのままの姿。

子供の頃と変わらなくない?

今回、死の恐怖を突きつけられ、
こんな経験はじめてで、その恐怖で何度も泣き、
ちょっとした症状の回復だけで心から喜び、
また現実に戻され泣き崩れ……

生身の自分なんて
まだまだ子供やな

って本当に痛感汗まじしょぼい汗

結局、みんな、
正味は子供のままなんですって。

ただ、
子供である我が子たちと、
内心子供である僕との決定的な違いは、

年をとっていることでもなく、
体が大きいことでもなく、
自分は大人であると言う、自覚があるかないか。
なのかと。

子供たちは、自分達が子供であることを認めている。

我が家の定番ツッコミがある。
今では末女も覚えたツッコミ。

例えば、ゲームで負けて半べそをかいている娘に向けて、
僕がこう言う。

「子供かっ!」

娘は答える

「子供やっ!」とw  まじかわいい爆  笑

そう、娘達は、まだ体も小さいし、年齢も、法律的にも自分は子供だと。
子供だという自覚を持っている

本当の大人は、

20歳だから大人
結婚したから大人
子供ができたから大人
◯◯だから大人

と考える人ではなく、

大人だから◯◯と、
自覚を持てている人ではなかろうか

その自覚のない人間が、
ただ、子供を産んだからといって、
大人と思い込んで、錯覚を起こし、
子供のままのアホな親が、
残酷で本当に見たくもない、イヤなニュースを作っていく。

大人の自覚がない人間は大人ではない。

偉そうなことを言いたいわけじゃない。
ただ、僕が言いたいのは、
その自覚を持つ手助けをしてくれる大きな大きな存在が
子供たちなのかな?ってニコニコ

毎日の通勤途中、
ある学校の前で目にする看板。

“信号は守ろう

子供たちが見てますよ”

・・・情けない話ですけどねあせる

でも、身にしみてしまう汗

ガンが発覚してから約10ヶ月。
自覚が持てなくなったこと、自覚を失いそうになったことは何度もある。

しんどい…
死んでもいいかな…って

でも、そんな時も、僕には自覚を持たせてくれる存在がすぐそばにいる。
しかも3人もいる。

僕を見てくれている、僕を親にしてくれている存在がすぐそこにいる

ありがとう。

子供たちのおかげで
これからも僕は大人であり続けるにこ

いや、あり続けたいと思うにこ

・・・

なにこれ?笑
真面目か!って。
なんのコラムのつもりやねん!って。

ま、たまにはこんな感じもええやん♡w

でも、何年後かに娘たちが
このブログを読み、

「いやいや、パパが一番子供やん」

と言っている姿が目に浮かぶおーっ!

その時は、
「そや、子供やっ!ねー」と天国からでも答えよう。

天国?!チーン

ま、ええか照れ

The following two tabs change content below.
◆癌サバイバー/新人ブロガー◆ 32歳でスキルス胃癌ステージ4・余命半年を宣告され絶望。 そこから奇跡の復活を成し遂げている最中です。3児のパパ。 闘病記だけでなく、お金のことや、仕事のことなど色々書いていきます! もっと詳しい自己紹介は名前をクリックしてね⇪