【伝説日記vol.110】退院。治療はじまる。


退院

13日。先週の金曜日に退院しました。
今回の入院は、ポート埋め込み手術と、審査腹腔鏡

お腹を切ったとは言え、腹腔鏡だし、経験済みだし、4日間の入院で済みました。
病棟が6人部屋で狭く、はじめて入院する病院で、環境もイマイチ(最悪)だったので、1日早く帰らせてもらいました …w

術後、やっぱりまだ痛いです。

腸が腫れて、お腹がぽっこり。
触ると痛いですし、歩くとズキズキ。
4箇所の傷口(新たなモノは2つ)の痛みはもう大丈夫です。

ま、そこそこ食べれていますし、順調に回復しているはずです。

審査腹腔鏡の結果

審査腹腔鏡とは?

お腹の数カ所に穴を開けて、細い内視鏡(腹腔鏡と呼ぶ)カメラを入れて、中を確認する。
CT検査などではわからない状態を確認する検査。手術に分類される。

僕は2年前に一度、行っている。
それもたしか年末あたりだった。
その検査で、腹膜の消滅が確認され、胃全摘手術ができるようになった。

そうた
あの“消滅の奇跡”の瞬間ですね

今回は、そんな奇跡も信じれない状況だった。
CT画像にもくっきりと写っているし、なによりきつい症状が物語っている。

案の定、結果は
「はっきりと腹膜にガンが存在」

ただ、慰めだが、先生曰く、

思っていたよりは広がっていなかったよ

ただ、小腸にも、腸管にもガンはあるとのこと。
それを転移とは言わないのはよくわからない。

腹膜にがんがある=そういうこと。らしい。

「腹膜はお腹全体のこと」という概念は、この先生も同じく言っていた。

ようするに、僕が挑もうとしている腹膜切除の手術。
小腸も腸管も切ることになるのだろう。

やっぱり恐怖しかない・・・

最近はずっとこのことを考えている。
考えているというより、頭の中に常に存在していて、僕を悩まし続けている。

そう。
前回のブログで威勢よく、決断した様子を表現したが、
正直、まだ悩んでいるのが本音。

切るべきか、
切らないべきか・・・


このこと、この思いを書き始めると、すごく長くなる。
だから今日はやめておく。

というより、今日、『切除の方の診察』だったのだが、
聞きたいこともある程度聞いたし、
今後の流れも明確になったので、少しすっきりしている。




治療開始

入院中から、退院しても毎晩、いや、一日中、頭の中は

切るべきか、
切らないべきか・・・


やはり自分の人生をどう終わらすか。なんて、
簡単に答えが出るはずがない。

今日の診察で、答えを出さないと・・・
という焦りもあって、悩み苦しんだ。

ただ、その思いも、最初の質問で軽くなった。
呪縛から解放された。

 

そうた
切るか切らないか。(手術をするか)決めないと、治療(腹腔内投与)は、はじめてもらえないですか?正直まだ決断でききっていません。
いや、とりあえず、治療ははじめたらいいよ。

ようするに、手術しようがしまいが、まずは腹腔内投与の治療をする。ので、その治療自体は、手術の有無に関係なくしてくれるとのこと。

多分、大丈夫とは予想していたが、もし、先に決めないといけないと言われたら、人生最大の決断を、今日しないといけないと思っていて、その思いが、僕を極限まで焦らせていた。

そうた
よかった。。。

とりあえず、治療を進めて、まだ考える猶予はあるということ。

そもそも、治療を進めても、手術ができない人も半数はいるわけで、結果的に、手術を懇願しても無理な場合はあるということを改めて説明された。

人間、不思議なモノで、そう言われると、「手術できるようになりたい!」と思わされる部分がある・・・笑

先生に会うのは2度目。まだ2回しか話もしていない。
今日は、笑顔も見せてくれて、もちろん質問にもしっかり答えてくれて、
また新たな一面も垣間見れて、嫁も僕も心を開かれた。

まぁ、内容的には厳しいものもあった。

やっぱり
胃がんからの腹膜播種は相当厳しいらしい。。。

手術後、再発しても、もう2度目はないらしく、
手術は一発勝負とのこと。

僕が置かれている状況は、相当厳しい状態であることを再度、認識させられた。

本当に背水の陣。
崖っぷち。

 

そんな状況で、可能性を示してもらえているだけでも、喜ばないといけない状況なのだろう。
とあらためて感じたのだった。

とにかく、まだ考える猶予はある。

 

こうして、治療ははじまることになった。
本当に最後の治療。

今日から早速、TS-1を服用。
TS-1は、胃全摘前、副作用もなく、よく効いてくれたと思うが、
術後は、大きく副作用も出て、効果も感じなかったもの。

もう一度、奇跡的に効いてくれることを願うが、
それ以上に、副作用が出ないことを願うばかり!!

 

腹腔内投与は来週25日から。

ポート感染をすれば、もう『THE END』らしい。
この治療は終了になるらしいので、これに関しては、
とにかく、感染症にかからないことを願うしかない。


再び動き出した時間。

オプジーボの期間を入れると、
かれこれ4ヶ月近く、抗がん剤も入れていない。

また、副作用との戦いを想像するとテンションも下がるが、
歯を食いしばって、挑むしかない!!


正直、「切るか、切らないか…」は、
まだ迷うと思う。

でも、その選択を、奪われるのではなく、
自分で選択・決断するためには、
少なくとも手術できる状態まで、持っていかないといけない。
だから、本気で治療に挑む。

2月にまた審査腹腔鏡をして、そこで判断される。

2月まで突っ走る!!

しんどいと思うし、辛いとも思う。
わかっている。

悩んでも、泣いても、2月まで。

12月、仕事復帰も成し遂げて、
2月、後悔がない状態で決断できるように、

ま、

とにかく、

がんばりますわ!!

 

また、今の悩んでる思いは書ける時に書きますし、
なんか、もっと楽しいこと、
治療以外の話も書けたらいいなーーー

ま、今はそれしか頭にないから仕方ないか。。。

でも、来週、一人でまた温泉旅に行くし、
末女の6歳の誕生日もあるし、
治療に関係ないことも楽しく書ければいいなぁ。

ん?興味ないって?

ん?闘病記やから!って?

関係ないしwww

俺の生死、
命以外にもどうか興味持ってねー

うん。
それ
別になんのメリットもないけどね!!

 

そうた
ま、ええやん♡




“amazon”ご注文はこちらから

協力お願い致します

いまだに多くのご協力をいただいて感謝しております!!

amazonでお買い物の際は、是非、下記リンクからご購入ください!!

そうた
僕もamazonヘビーユーザー!!

是非、お手間でも、このサイト経由でお買い物してくだされば、超絶感謝です!!よろしくお願いいたします♪♪
※amazonでの買い物の際、毎回、このサイトを経由してくれている方からご報告もいただいて、愛を感じております。今後ともどうぞよろしくお願い致します。
【報告】昨年末から掲載をはじめ、ひと月通して、約1回分の温熱療法代の収益が、半年連続で上がっております。

ありがとうございます!!

The following two tabs change content below.
◆癌サバイバー/新人ブロガー◆ 32歳でスキルス胃癌ステージ4・余命半年を宣告され絶望。 そこから奇跡の復活を成し遂げている最中です。3児のパパ。 闘病記だけでなく、お金のことや、仕事のことなど色々書いていきます! もっと詳しい自己紹介は名前をクリックしてね⇪